仕事に直接的に役立つ社員研修を実施する際に重視したいポイントとは?


社内講師だけでなく外部講師も有効活用しよう

社員研修は、一人ひとりの社員に仕事に対するやる気を引き出したり、業務遂行のためのスキルを身につけさせたりするうえで欠かせないイベントとなっています。そうした中、少しでも日々の仕事に直接役立つ研修を実施するうえで、社内講師だけでなく外部講師も有効活用して、メリハリのある研修のテーマやカリキュラムを選定することが大切です。最近では、民間企業に研修講師を斡旋してくれる専門業者の数が増えており、各分野のスペシャリストと直接交渉をすることなく、研修の予算に合わせてニーズに合った講師を派遣してもらうことも可能です。また、理想的な外部講師を選ぶうえで、質が高い講師の派遣実績がある業者を見つけることも重要です。

ロールプレイングやプレゼンテーションも取り入れよう

主体的に個々の社員が研修に取り組めるようにするには、一方的に講師が講演をするだけでなく、ロールプレイングやプレゼンテーションなどの手法を上手く取り入れると良いでしょう。また、研修中になるべく多くの参加者に発言の機会を設けるように心がけたり、講師役の先輩社員が研修後にフォローに回ったりすることも大事です。高い効果を期待できる社員研修のポイントを押さえるうえで、日ごろから人事担当者が話し合いをするのはもちろんのこと、各部署の責任者や現場のリーダーなどに若手や新人社員の仕事ぶりについてヒアリングをするのも有効です。その他、必要に応じてライバル企業が行っている社員研修の内容も参考にしてみると良いでしょう。

社員研修は社員同士の一体感を高め、社内の雰囲気を改善し、社員のスキルアップを行う事を目的とした研修です。対象者は主に新入社員ですが、中堅社員を対象とした研修もあります。