防犯フィルムって本当に防犯効果あるの!?


防犯フィルムって何?

防犯フィルムとは、窓ガラスに貼り付けることによってガラスを割りにくくするというものです。空き巣などの泥棒の侵入経路の7割は窓からと言われているので、防犯フィルムを使用することによって空き巣などに侵入を簡単にさせないことができます。

防犯フィルムの効果は?

一般的な窓ガラスの場合、慣れた空き巣犯などであればプラスドライバーなどを使用して10秒ほどで窓ガラスを割ることが出来ると言われています。しかも、窓ガラスを割っているにも関わらず、ほとんど音がしないので気付かれにくいのです。防犯フィルムを正しく貼っていた場合は、防犯フィルムの強度にもよりますが金属バットで思い切り叩き割ろうと思っても、バッドが貫通しないほど強度が高まります。簡単には割れなくなるので、空き巣犯なども諦めてしまうのです。

防犯フィルムは後付が可能

防犯フィルムのメリットは、後付が出来るということです。近所で空き巣被害が出たりして防犯フィルムを貼りたいといった場合でも、今ある窓ガラスに防犯フィルムを貼ることが出来るので、比較的リーズナブルに防犯対策を行うことができます。

防犯フィルムは防犯以外の効果も

防犯フィルムは基本的に空き巣などに入られないために貼るフィルムですが、防犯以外の効果もあります。防犯フィルムの防犯以外の効果として地震などの災害時にガラスが飛び散りにくいという効果もあるのです。日本は地震大国なので、飛散防止効果は非常に大きなメリットです。しかし、避難する際に割るのが大変なのではないかと思うかもしれません。その点も防犯ガラスと違って、防犯フィルムを貼った側は衝撃に弱いので通常の窓ガラスと同じように割って避難することが可能です。

防犯フィルムとは窓ガラスに貼り付けることでガラスが割れにくくなり、空き巣等の住宅への侵入を防ぐ防犯効果を期待できるものです。