レンタル倉庫は個人利用OK!企業向けの倉庫はセキュリティ対策を万全に!


レンタル倉庫は個人でも利用OK

貸し倉庫と言えば、いわゆる法人向けのサービスだと思われがちです。もちろん大多数のサービスは企業などの大規模な組織向けですが、近ごろは個人でも気軽に利用できるレンタル倉庫が流行っています。実際にごく普通の主婦や会社員の方々が、レンタル倉庫を活用しています。自宅の物置に片付けられなくなった家財道具や趣味の品も、レンタル倉庫を活用すれば安全に保管していけます。引っ越しやリフォーム工事をする際などもレンタル倉庫は便利です。一時的に作業の邪魔になる荷物や私物を、そちらに預けておけば準備が捗ります。短期間だけの契約も認められており、不用品の処分や物置の増築などで、再び自宅内に安全に大量の荷物が保管できるようなれば、レンタル倉庫の方を解約すれば経済的です。

倉庫のセキュリティ対策に気を配る

企業の倉庫には貴重品や高価な商品が置かれる事が多いです。万が一の場合に備えて、セキュリティ対策には十分なリソースを充てたいところです。出入り口付近には防犯カメラを設置したり、警備会社と契約する等の備えが要ります。暗証番号を正しく入れないと扉が開かないシステムを導入するのも、一つのセキュリティ対策です。アナログの鍵穴を使う扉に比べて、セキュリティ力が高く合鍵を偽造される心配もありません。ただ暗証番号は第三者に推測されにくい内容にしなければなりません。よくある語呂合わせの暗証番号だと推測される恐れがありますので、あえて不規則な数字にするのも良い方法です。そして倉庫で出荷や在庫管理に携わる一部のスタッフだけが知る情報にしなければなりません。定期的に倉庫の暗証番号を変更するのも、良いセキュリティ対策となります。

3PLは、社内の物流機能の全部または一部を外注化することにより、業務効率の改善やコストカットを目指す戦略として多くの民間企業内で浸透しています。