意外と大切!引越の片付けは梱包の順番を決めてから


最初は使わないものから

季節外れの洋服や、すぐに使う予定のないコレクションアイテムなどは最初に梱包してしまいましょう。すぐに使うものとそうでないものを一緒に梱包していると、どこに何をまとめたのかがわからなくなりますし、このアイテムはどちらなのかを迷っている時間でかなりの時間をロスしかねません。また、恐らく使わないものの方が使うものよりも数は多くなります。きちんと荷物の種類ごとに名前を書いておいて、必要になったらいつでも取り出せる状態にしておきましょう。

また、使わないもので注意したいのが何かのスペアです。洗剤やシャンプー、ハンドソープなどのスペアはすぐに使わないものリストに入れておくことで、スムーズな片付けを行いましょう。食器類も家にある食器全てを使用するわけではないはずです。最低限必要なものだけ必要なものリストに入れておき、後はまとめてすぐ使わないものとしてまとめてしまいましょう。

何が入っているのかを明確にする

ダンボールにゴチャゴチャと物を入れていては、何が入っているのかわかりません。メモを見ただけで何が入っているのか分かるように、意識して分けておきましょう。また、メモにも洋服や食器という名前だけでなく、夏物の洋服や高級食器という具合により具体的な名前を書いておくことをおすすめします。特に洋服は数が多くなりがちで、引越後何が何やらわからなくなりがちです。家族の人数が多い場合は特に、わかりやすくタグ付けして引越後快適に使えるようセッティングしましょう。

不用品の回収を行うには、地域の自治体に回収してもらったり、費用が掛かりますが専門業者に依頼したりすることが可能です。