社員研修には社内研修と社外研修がある!それぞれのメリットを知っておこう


社内研修で自社のやり方を教える

社内研修のメリットは自社で研修の内容を自由に決められるところにあります。自社で行っている仕事の進め方や連携の取り方といった部分を社員に教えておきたい場合に適した手段だと言えます。社員全員が同じ目的を持って作業を行うためには、企業の持つ理念を理解してもらう必要もあります。この企業の持つ理念を理解してもらうことも社内研修の内容に組み込んでおくのがオススメです。

飲食店の社員教育の場合は社内研修が適しています。飲食関係の社員は営業中のミスが売り上げに直結する可能性が高くなっています。そのためすぐに新入社員を働かせるのではなく、数日間の社内研修を行うのが効果的です。社内研修を行っておくことで新入社員も緊張せずに働けるため、営業中でのミスが少なくなります。

社外研修で社員の発想力を鍛える

社外研修では自社とは異なる価値観を学ぶことができます。自社しか知らない人は考え方が偏ってしまう傾向にあり、新しい発想が生まれにくいです。そのような場合に社外研修を行うことによって、違った考え方を取り入れられるようになります。今までになかった考え方を知ることができれば、新しい発想を生み出しやすくなります。

この社外研修は発想力が求められる職業に適しています。例えばIT業界やファッション業界では発想力を鍛えるために、社外研修を行わせるのが効果的です。社外研修を行う場所は国内に限定せず、海外も視野に入れておくのが良いと言えます。海外への社外研修を行うによって、国際的に売れる商品を生み出せる可能性もあります。

管理職研修は職員を管理する立場である課長や部長などの役職者を対象に行われる研修です。職員のマネジメントに関する知識やスキルを学ぶ他、企業の課題を解決するために役職者としてすべきことなどを学びます。