プライバシーを脅かすものは身近なところに潜んでいます!


引っ越し業者や修理業者に気を付けよう

家を引っ越した時や家電が壊れたりして外部の業者に修理を頼んだ時などは、身の回りに十分に注意するべきです。コンセントや配線の周囲などに盗聴器をしかけられて、家の中の会話を知らない間に盗聴されているという事は少なくありません。外部の人間が家に来た時は、家の中に見慣れないものがないか調べておく必要があります。

通勤や通学の際には電車内にいる人に気を付けよう

定期券などを持ち歩く時は、鞄などにしっかりとしまっておくべきです。パスケースに入れていたとしても、外に出したままでは個人の名前や利用駅などの個人情報が第三者に流出してしまいます。事件に巻き込まれない為にも、人に見える場所には出しておかないようにするべきです。また、電車内でスマホの操作をする場合は、隣の人などから画面をのぞき込まれない様に注意しましょう。不特定多数の人が多くいる場合では、誰に見られている場合があります。

カフェにいる時は他の利用客に気をつけよう

会社の仕事などでパソコンを持ち歩き、カフェやファミレスなどで使用するという人は、パスワードなどが他の人に見られないように気を付ける事が大切です。多くの人が行きかう場所で作業をする場合は、誰に見られたとしても不思議ではありません。重要な情報を打ち込むときは、周囲への注意を払って行うべきです。しかし、画面を見られなかったとしても、うっかり忘れ物をしてしまうという事もあります。個人の生年月日などを使ってパスワードに使用すると、情報が漏洩しやすくなってしまうので、簡単に予想がつかないものに変更するべきです。

機密文書は顧客情報や業務上のデータなど、外部に漏れてはいけない内容が記された文書を指します。特に個人情報の保護は社会的な信用に関わるので、規模の大小に関係無く適切な方法で処分するのが重要な責務です。