通販物流業務を依頼する場合は見積もりを取ろう


委託のコストは企業ごとに異なるため確認しよう

通販物流の委託はコストがかかると考えている企業が少なくありません。しかし、コスト面から見るだけではなく、トータルで考えるとかなりお得となるといわれています。物流の委託で依頼できるのは、商品の保管、保存だけではありません。自社で商品の保管や保存を行う場合、自社倉庫があれば問題ありませんが、倉庫がない企業は貸し倉庫を借りなければなりません。毎月の貸し倉庫代金や、商品の保管、保存に必要な経費、人件費もかかることを考えると、委託をすることによってコストを抑えて通販物流を任せることが可能です。物流委託で必要となる費用は、基本料金・保管費用・梱包代・発送費用・更に商品を倉庫に入れる人件費となります。返品交換や棚卸しまで全て任せる場合には、それらの経費もかかるでしょう。

委託を依頼するなら見積もりは適切に取ろう

委託を依頼する場合、業者によって任せられる部分と任せられない部分とがあります。また、出荷規模や通販の規模によって、料金が大幅に変化するため、自社の規模にあった形の依頼をしましょう。商品を保管する料金も、坪単位で必要となるのか、棚だけですむのかなど、それぞれのニーズに応じて見積もりをしてもらってください。細かな部分ですが、経費に大きく影響するため、自社で委託する場合にどの程度までかかるのかを予測して依頼しましょう。将来業務拡大を計画していたとしても、初期段階ではそれほど大規模に委託する必要はありません。企業として現在の顧客や出荷規模から少しずつ依頼をしておくことで、自社の社員を営業活動に振り分けられるでしょう。

通販物流とは、ECサイトなどの通販会社から消費者の元へモノやサービスを運搬することを意味します。近年では、利用者の増加に伴い需要が高まっています。