起業後失敗しないためにこれだけは事前にやっておこう


自己資金を出来るだけ貯めておく

個人事業主であっても、法人として会社を本格的に設立する場合であっても、起業するときにも会社を経営していくときにも必ず必要となるのがお金です。会社を設立するほどのお金を自己資金で賄うことはなかなか出来ないため、ほとんどが外部から融資してもらうことになりますが、それでも起業するまでの間に意識的に自己資金を蓄えておくことはとても重要です。自己資金がたくさんあればあるほど金融機関などから融資をしてもらうときの審査で有利になりますし、万が一の時にも会社を維持していくためのお金として使うことができます。自己資金の金額は必ず通帳などに記載しておきましょう。通帳に記載されていないお金はどれだけ保有していても審査時に自己資金として認められないケースが多いです。

セミナーにたくさん参加し、スキルをアップさせる

会社の経営者になると、今まで会社員として働いていた時とは全く異なるスキルを要求されます。会社の経営者にも友要求されるスキルとはマーケティングの状況を見極めるスキルと、自分の会社をアピールし、取引をしてみたいという気持ちに相手をさせるための営業力です。これらのスキルは会社員として勤めているときにはほとんど学ぶ機会がなかったのではないでしょうか。実は会社を設立する前というのはこれらのスキルをじっくりと学ぶことができる最後の機会です。社長になると会社の経営でしばらくはとても忙しくなり、とても勉強する時間を確保できなくなります。ですからこういったことを学べるセミナーに積極的に参加し、スキルを身につけておきましょう。

フランチャイズを利用すれば、本店から開業資金を借りられるだけではなくて経営のノウハウも教えてもらえます。